Enjoy! Soccer

障がい者

  • HOME »
  • 障がい者

あかしユニバーサルフットボール連盟 AUF

事業計画  平成28年度

Ⅰ 連盟の目的

明石市を中心に、障害の有無や障がいの枠を超え、スポーツが持っているユニバーサル(普遍的な)力を活かして、豊かで多様な交流の機会を作る。明石がより“ごちゃまぜ”のユニバーサルな街になることに貢献する。そのため、当事者や家族、支援者、行政、ボランティアなど、様々な方々と協働し、ユニバーサルな大会の企画、障がいのある方も気軽にスポーツを楽しめる環境づくり等に取り組む。

Ⅱ 各事業の内容

1.ユニバーサルな大会の企画、運営

2か月か3ヶ月に一度、連盟の目的に則った、ユニバーサルなフットボール大会を企画、運営する。

目的 :障がいのあるなし、障がいの枠を超えて、スポーツ(フットサル)を通して、体を動かし、人とつながれる機会をつくる。初心者、経験者、介助の要る方も、共に楽しめる、スポーツが本来持つユニバーサルな力を体験できる場とする。それぞれが、様々な方との雑多な交流を通して、視野や知識を広げられる機会とする。

2.場の確保の支援

連盟に加盟する団体がスポーツ活動を行う際の、場の確保を支援する。大蔵海岸多目的広場に関しては、連盟としてグラウンドを予約、確保し、加盟団体が利用するという形をとる。
また、加盟団体が企画をし、スポーツイベント等を開催することを支援する。

目的 : 障がいのある方も、日常的にスポーツを楽しめる環境をつくる。また、各団体においてスポーツ活動を推進する支援者を支援する。

3.スポーツ指導者の勉強会、交流会の開催

連盟として講師を招いた勉強会、交流会を企画し、スポーツの指導をおこなう方に、障がいを持つ方のそれぞれの障がい特性を理解してもらい、地域のスポーツ活動がユニバーサル化していくための足場作りを行う。また、スポーツの指導ができる方と、指導者を必要とする方、団体とをつなぐ、仲介の役割を果たす。

目的 : 障がいのある方も、日常的にスポーツを楽しめる環境をつくる。また、各団体においてスポーツ活動を推進する支援者を支援する。

Ⅲ 加盟団体(平成27年12月1日現在)

・ アミザージ078
・ FCレインボー
・ CP神戸
・ 児童デイサービス 遊
・ たまっこクラブ
・ りぼんネット(りぼんstepセンター)

Ⅳ 協力団体

・ 明石市
・ NPO法人 明石障がい者地域生活ネットワーク
・ 一般社団法人 明石サッカー協会
・ NPO法人 日本ソーシャルフットボール協会
・ 明石市社会福祉協議会

年間予定

日程大会名場所参加予定人数
2016年5月22日(日)AUFキッズ交流大会大蔵海岸多目的広場(3面)100名
6月19日(日)AUF交流大会大蔵海岸多目的広場(3面)100名
9月11日(日)第3回 あかしユニバーサルフットボール連盟 設立記念大会大蔵海岸多目的広場(3面)150名
11日13日(日)AUFキッズフェスティバル大蔵海岸多目的広場(3面)100名
12月11日(日)AUFカップ大蔵海岸多目的広場(3面)100名
2017年2月12日AUF冬季大会県立障害者スポーツ交流館70名
PAGETOP
Copyright © (一社)明石サッカー協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.